FC2ブログ

気分だけロングバケイションヽ('▽'*)ノ

2008.05.05 Mon
 新緑(*゜▽゜)ノ

 気分だけはロングバケイションですヽ('▽'*)ノ
 BGMは大瀧詠一さんですヽ('▽'*)♪(知ってるひとぃるかなぁ~)
 某テレビドラマ(だったかしら?)でたくさん流れていたのを耳にして、
 CDを買ったのですが、歌よりもインストバージョン(オーケストラ?)のほうをよく聴きました。
 
 毎年、新緑の頃になると、奥多摩方面に行くのですが、今年は雨が続いたこともあってパスです。
 高尾山にも行く機会は多いのですが、こちらは登山というより参詣です。
 滝のある山道を登っていくのが爽やかです。
 修験道の話などは、幼少の頃に曽祖父から聴きました。
 むかし、伊豆の島からひとっ飛びで来たひとがいるだとか、
 いわくつきの伝説もフツーに違和感なく聞いたものなのですょ。
 町の実家が水害でやられてしまい、山のほうで暮らしたことがあるのです。
 一年にも満たないものでしたが、
 ひと夏の山と渓谷の日々は、
 灰色ドブネズミの町での暮らしとはあまりにも違いすぎて、
 わくわくどきどきでした。
 なつかしい思い出が多いのは事実ですが、
 でも実際に山に来ると・・・もっと「長くて」「ふるい」時間の流れを感じます。
 私はもちろん、祖父母や曾祖母の話でさえも、「新しく」思えてしまいます。
 「20年前」よりも「1000年前」のほうが、なにも知らないぶんイメージしやすいのです。
 写真以外、子供の頃の思い出の品って少ないですが、
 山に入ると何百年という時間を過ごしてきている生命(樹)だとか、
 (修復はされているのでしょうが)途方もなくふるい建物を目の当たりにできます。
 薄れゆく自分の記憶よりも、
 じかに見れて肌触りのある歴史のほうが、
 不思議とリアリティを感じるのです。
 ほとんど錯覚でしょうけど。

 ちなみに大瀧詠一さんの「幸せな結末」は町のイメージなんですが、
 「君は天然色」は、澄んだ空と海の青いイメージです。
 まったく景色とあわない場所で聴いても気分いいと思うんですが、
 ごあいにくさま。私、音楽は持ち歩かないほうなので、
 いつも(*゜▽゜)脳内再生なの~♪

 だから「演奏」とか「歌詞」が、ごちゃまぜになってたりするやもです。

 遠くで聴こえる鳥の声なんて、素敵なのですょ。
 
 
  
関連記事


カテゴリ:あさなの使い魔ヽ('▽'*) | コメント(4) | トラックバック(0) | top↑ |
<<おはーる]▽゜)ノ゛゛゛ | ホーム | 新緑登山ヽ('▽'*)ノ定期集会~☆彡>>

休暇が欲しい。。。

都会の喧騒の中ですごしていると、自然が恋しくなるね。
といっても我が家は都心にあるわけではないですが・・・。

自然に包まれて生活するのは素敵なことだね。きっと。
でもきっと私は不便な生活が我慢できずに続かないんだろうなぁ・・・orz

大瀧詠一って誰?調べてみて納得。「風立ちぬ」とか「夢で逢えたら」の人だったんだね。
WxqOm0Nk | 紅子 | URL | 2008.05.05(Mon) 16:35:38 | [編集] | top↑ |

おはーる]▽゜)~。oO゜゜

私の住んでる町は「故郷」という言葉のイメージからは遠いですが、
まぁそれはそれなりにけっこう好きだったりもします。
がらのわるいひと多いし、川はドブネズミのパラダイスだし、
美しい自然とともに暮らしてきたひとたちからは嫌われる要素いっぱいですけどねヾ(*^▽^*)〃

アスファルトの裂け目から生えて育つ「雑草樹」、
雨あがり限定の澄んだ青空、
(ほんとはヘドロ級水質なのに)青空を映せばこれまた真っ青な海と川。
ぇぇヽ('▽'*)ノかつては「水の都」とも呼ばれていたらしいですです。

公園の池に泳ぐ金魚や亀たちを眺めるのもまたなかなかなのですょヽ('▽'*)ノ
 (誰かが捨てたのが育ってるって話なんですけどね)ヽ('▽'*)゛゛

でも最近はワニもいるっていうから・・・
LkKyiwno | あさな | URL | 2008.05.06(Tue) 07:26:00 | [編集] | top↑ |

大自然のなかから、おは~る♪なのですです。

小鳥のさえずりで目が覚めて、窓を開ければ新緑のかほりが...。いま、ちょうど、そんな所に滞在中です。連休中は丘を越えると、そこは観光地なので、車が動かないほどに混雑していたりして。でもここは、まれに迷子さんが来るだけでものすごくしづかです。

森林公園の水芭蕉の群生がさらに広がっていました。それとて主な道を外れると、人が急に少なくなります。連休ですらこの有様。普段の日に至っては、熊としか逢えないんぢゃないかとおもふくらいなのです。私も都会生まれの都会育ちで都会勤務ではあるのですが、都会の人は自然を楽しむのが下手なんだなぁと思ってしまいます。鳥の声しか聞こえない東屋で、のんびりひと時を過ごすのもよひものです。

”田舎”だけあって近所づきあいとふものもありますが、お互い、いろいろ融通しあったり、情報交換をしてみたり。情報交換といっても、季節の便りの事だったり。都会とは違う、あたたかさがあったりします。

今は丁度、季節の変わり目。通り過ぎていってしまう人にはわからないでしょうが、一日一日で変化が見えてわかる。高原にロング・ステイができればよいのになぁと思ってしまうのです。
今回は長めですが、それでも1週間で帰らなくてはいけなひのです。それではちょっとみぢかかったり。リタイアしないと本当に満喫はできないのでしょうね。
S9nMYmqg | ちさや | URL | 2008.05.06(Tue) 08:46:36 | [編集] | top↑ |

ほわ~ヽ('▽'*)ノほわわ~

高原には、ほのかに憧れてしまいます。

みずばしょうヽ('▽'*)゛゛まだ見たことないと思うしね

LkKyiwno | あさな | URL | 2008.05.09(Fri) 23:18:59 | [編集] | top↑ |
name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://asanan.blog73.fc2.com/tb.php/830-6da0afeb