立春高速

2013.02.08 Fri
 自分が意図する方向へ、なんとなく足の向くままに進んでみると、絶句。

 そんなことの、繰り返し。


 すべに意味があるのだからと、理由や根拠を探そうとするけれど、途中で飽きて絶叫。

 叫び始めたつもりが、いつのまにか歌っている。


 そして春は来るのです、去るのです、いいえもともと来るのでも去るのでもなく、あるのです。

 
 立っている私、見上げる空の星。


 思い出す時は高速です。

 思い出しました。


 なりたい自分という姿、いつか訪れるであろう未来の自分自身。


 高速で収縮しているのです。


 あふれかえる星座の数々。
 
 
関連記事


カテゴリ:だいあり | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |
<<ラッキーカラー | ホーム | ぽつり、ぽつりと。>>
name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://asanan.blog73.fc2.com/tb.php/2236-5e6d1e61