恋せよ乙女

2011.06.27 Mon
 今月は工房へ出かけていました。
 地震で、かなりダメージを受けてしまっていたようで、清掃も大変でした。工房は親戚が営んでいるのですが、ふだん、あまりしっかりとは管理されていない様子です。それでもなんとかなる、らしいです。私の眼には、なんだかんだいって行き届いた手入れの気配を感じましたが、ガラクタのように崩れてしまった物々が、まのあたりにせざるをえないひとに破壊力を持っていたのでしょう。じわじわとくる破壊力です。やる気が失せます。なんというか、私も自分の心が窮屈になっていくのを実感してしまいました。カラ元気がだしづらかったのは、暑さのせいでしょうか。でも工房の中は、洞窟のような涼しさですね。快適な涼しさで、動き回っていると、じんわり暑くなりますが、適温のエアコンのようです。自然の恵みというか、昔の人の知恵と言うか。
 でも外は猛暑、真夏日、すさまじいことになっていたようですね。
 ニュースを聞いて驚きましたが、その情報すらも数日遅れで知るありさま。けっこう、隔離された環境にいたような感じでしょうか。使ってもいいと言われていた共用パソコンもあったんですが、まあ順番待ちも疲れるし。そのうち、 『こわれた』という声も聞こえてきたりして。なにやらマザボがやられたとか、ブラックがやられただとか。壊滅的な連鎖を目の当たりにしてしまい、専門知識のない私は遠慮がちに過ごしていました。誰かの持ちこんだCDが、延々と流れていました。曲は知ってるのが多かったなあ。WANDSとか懐かしいなあ。
 流動的な暮らしぶりは、夏の間も続きそうですが。まあ、それはそれ。気持ちだけは爽やかに乗り越えていきましょう、大丈夫です。細かな連絡事項は「びれっぢ」のほうに話しておきますので、興味がある人だけそちらをどうぞ。

 蒸し暑い・・・


 脳内で「恋せよ乙女」がリピート中です。WANDS。むかーしカラオケで兄貴に「歌って」とせがんだナンバー。
関連記事


カテゴリ:楽園のDoorから遠くへ | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |
<<暑中お見舞い申し上げます | ホーム | 部屋にないシャツと私>>
name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://asanan.blog73.fc2.com/tb.php/2198-c86a05f5