スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

リミットラインすべて凌駕

2011.05.01 Sun
 今日は2PMの「Take off」と、藍坊主の「星のすみか」を聴いています。
 UVERworldの「CORE PRIDE」も早く聴きたいなあ<
 今日も暴風域のなかの静寂に包まれて、ときどき地響きが背中を伝わってきます。
 聞けば太平洋側で地震が続いているようです、深さ10kmというのがポイントでしょうかね、小さいながらも感知できる震度の。
 聞いている曲とは異質のメロディとリズムが響くので判別しやすいのですよ。音楽がなければ反応しなかったかもしれません。小さな音は、むしろ騒音の中でのほうが注意をひくことって、ありませんか。周波数でしょうか波形でしょうか。異質さを感じるには、異質ではないものと接している必要もあるということでしょうか。

 
   #

 期待しないでいたほうが楽しめることもあります。でも情報が皆無の状態では、接する機会を持てないのですよね。期待しないからこその楽しみ方というものを楽しむには、ある程度の日常的な情報回収が必要なのでしょう。回収していることを意識しないで済むくらいに毎日の茶飯事にしてしまうのがコツかもしれませんね。

 期待していませんでした。しかし知っています。そんな状態の、薄い関心度。右にあがるか左に下がるかは五分五分の感覚です。

 でも楽しめているので途中経過を。アニメの話です。
 私の言う面白さは、「え?そうくるの」「え。それってなに」という静かな疑問にかかっていいます。ええ、私は「違和感」が大好きなのです。異質なる物の日常に存在している違和感。これを手軽に味わえるのがアニメです。

 今回は「花いろ」と「あの花」が、次回を楽しみにしている状態です。

 「花いろ」はキャラクターデザイン(原案かな)が、ロロナのアトリエのかた。アニメで動くのを見れれば満足くらいの気持ちで見始めていましたが、私的にぶっちぎりです。夜逃げ加減のリアルさは思わず共感してしまいました。私にとって未体験な世界でありながら、その自然の美しさに心を奪われる感覚。知っています。遅ればせながら2年前の引越しで知った、生活の中でめぐり合う自然に通じるものがあります。フラッシュバックしてくる景色の、いくつか。
 でも舞台は石川県金沢市方面だそうです。

 「あの花」はエンディングの「SecretBase」を聞けるだけで大満足、のつもりでいました。もともとはZONEのヒット曲。もしも私が通っていたとしたらハイスクールの頃、しかし私は社会人で気だるい夏を持て余している感もあった、そんな21世紀の初頭の歌ですね。私にとって161718とは、すぐそこにある異世界だったのですよ。ただ、もしかするとそこに私もいるのかもしれないという空想域が身近でした。それだけです。
 ちなみに高校受験に失敗したからと言うのではありません。
 最近ではSCANDALのバージョンで聞いています。

 音楽はさておいて、物語のなかでの呼称がひどいですね良い意味で。あなる?めんま?一瞬、自分の耳を疑う言葉が聞こえてきます。
 だけど子供の頃の名づけ感覚って、あんな感じかもしれませんね。さして私は意識していませんが、「あんたのあだなづけはなに」とは、よく言われたものですけど、それも子供の頃の遠い昔のことさ状態。あだなと思ったことはありませんが、人を愛称で呼ぶの得意ですっていうか自然な反応です私にとっては。

 いないひとを見る、いないひとの声を聞く。喪失を受け入れてなお納得しきれない心傷空間を持ってしまったことのある人なら、あの感覚には魅かれると思います。むしろ物語そのものよりも、自己の記憶を呼び覚ます作用が強いのかもしれません。
 だけど子供の頃の名づけ感覚って、あんな感じかも、私は意識していませんが、「あんたのあだなづけはなに」とよく言われたのを思い出しつつ、それも子供の頃の遠い昔のことさ状態。とループ、つかのま。


 
 『いままでとは違う自分になりたい』という感覚は、私も経験済みです。過去完了としてではなく、今もなお続いているもの。昔は「願い」でも今は「知恵」のような何か。ある種のスキルのような、とか、なんとか。
 
 

 「花いろ」→「花咲くいろは」

 「あの花」→「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。|



 ちなみに青エク,「青の祓魔師」は予想通り期待通り、いえそれ以上。引き込まれる演技(声)、高速で酔いしれます。原作は未体験のまま楽しもうかなあ、と。UVERworldの歌ハマリます。こちらは、また別の機会にでも。
関連記事


カテゴリ:楽園のDoorから遠くへ | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |
<<胸いっぱい星のすみか | ホーム | ステイ・ゴールド>>
name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://asanan.blog73.fc2.com/tb.php/2186-8e71ca8d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。