卒業の栞、Chapter 7

2010.04.29 Thu
  最後の授業は。



        

 artschool
 

 時間の長さは関係ありません。

 内容の濃さも同じこと。









 この、ひととき。



 






 空気を読むのもいいですが、



 空気は作るものでもあるのですよ。













 私が二酸化炭素を吐いたからって、あなたが窒息しませんように。



 酸素に感謝。光合成に深謝。









 

 いよいよゴールデンウイークですね。


 「卒業式」まえの、ひとときは次回でラスト。






 だからと言って、むりなどせず気持ちを軽やかに会えますように。


 それが世界樹域のなかでも夢の中でも。

 会えるというのは、気持ちの中の問題ですもの。

 



 祈(*゜▽゜)ノ










 
関連記事


カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(-) | top↑ |
<<雨に濡れても素直になれなくて | ホーム | 卒業の栞、Chapter 8>>
name
title
mail
url

[     ]