卒業の栞、Chapter 22

2010.03.24 Wed

 

 Chapter 22



 ある晴れた昼下がり



 思念は時間や空間に左右されず自由に存在しているようにも感じますが、

 実際のところは、いろいろと制限されている模様です。

 いえ、制限されているからこその自由なのかもしれませんね。



 人の存在それこそ、制限域での存在。




 憂鬱あってこその忘却なのですよ。




 
 
関連記事


カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(-) | top↑ |
<<ロンロンがアトレに変わる頃 | ホーム | 卒業の栞、Chapter 23>>
name
title
mail
url

[     ]