スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

序章への扉

2012.10.28 Sun
 最初の入り口は、どこだったのかなあ。
 記憶って、あいまいだから。
 よく、わかんなあい。

 それでも現在ここにいるってことわ、
 まぎれもなく入り口を見つけて入って、進んできたってことだし。
 どこだったのか。いつだったのか。
 
 『もうすぐ、良くなるから』
 って言葉を頼りに暗闇の中を進む時は、
 別に根拠なんかいらないし、
 信頼とか信用とか関係ない。
 これしかない。それだけの話。
 暗闇の中で、頼りにしたあの光は、
 本当に光だったかどうかも怪しいのです。
 それでも灯台は自らのためではなく航行する船のために、
 来る日も来る日もレーザー照射を続けるのです。

 
 ぽーん。



 ティーナ・カリーナの歌が聞こえるリビングルームで、
 あろっとおぶコーヒーの濃厚なる芳香に包まれながら、
 髪。
 ずいぶん、のびたわ。
 って撫でながら深呼吸するの。

 ぽーん。


 なんとなくメランコリ、あ、りる。
 コーヒーをこぼした人がカウベルを鳴らして出て行ったから、
 そろそろかしらねタイミング。
 席を立つ前にタブレットをロックして、それから制服に着替えることにします。

 繰り返される神無月のループの中で、
 たぶん彼は楽しく狩っていることでしょう。
 あの広い草原で、
 いわし雲が吸い込まれていく苔むすクレパスで、
 まさか自分が狩られるなんて夢にも思わず、狩っていることでしょう。
 

カテゴリ:まうりる・ろっと | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

ふたたび逢うまでの遠い約束に

2012.10.28 Sun
 あの約束が果たされたのかどうかは、地層を探しても見つかりませんのよ。
 ふと思い出したように魔導書に手をのばしてもね無理なものは無理。
 だから絶望なさい、体の芯から細胞の核ごと、本気モードで絶望なさいませ。
 だって本物の絶望でなければ、希望の崖は見えないものよ。
 まさかそれが希望だなんて思いもしないで、
 道はどこ?って嘆いているだけなんだもの。
 本物の絶望を宿した愚か者は、道を欲しがるより先に、よじ登り始めるわ、崖を。

 ふたたびめぐり遭うまでの遠い約束に必要なのは、未来。
 だからもし、あなたが今も心を痛めて苦しんでいるのだとしたら、
 それは過去の話ではなく未来に起こってしまったことの、ほんの途中経過かもしれないわ。
 もう未来は起こってしまっているの、あなたが望んだとおりに。
 
 理論どおり地の底を目指して掘り進めるならば、
 間違いなく空に辿りつけるのでしょうけど、
 そんなの無理よ無理なものは無理って、
 またしても魔導書に手をのばすのかしら?

 いま気づくべきなのは、
 本当に空に辿りつきたいのか、
 あるいは、
 温泉を掘り当てたいだけなのか。
 自問自答を終えておかない限り、
 あなたは誰の言葉も理解することができないでしょう。
 
 
 そんなわけですから、
 あの約束が果たされたのかどうかは、地層を探しても見つかりませんのよ。

 






 ぎいぃ。

 さ。

 どうぞ、奥へ。お進みになって。

 
 
 


カテゴリ:まうりる・ろっと | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。