スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

序章への扉

2012.10.28 Sun
 最初の入り口は、どこだったのかなあ。
 記憶って、あいまいだから。
 よく、わかんなあい。

 それでも現在ここにいるってことわ、
 まぎれもなく入り口を見つけて入って、進んできたってことだし。
 どこだったのか。いつだったのか。
 
 『もうすぐ、良くなるから』
 って言葉を頼りに暗闇の中を進む時は、
 別に根拠なんかいらないし、
 信頼とか信用とか関係ない。
 これしかない。それだけの話。
 暗闇の中で、頼りにしたあの光は、
 本当に光だったかどうかも怪しいのです。
 それでも灯台は自らのためではなく航行する船のために、
 来る日も来る日もレーザー照射を続けるのです。

 
 ぽーん。



 ティーナ・カリーナの歌が聞こえるリビングルームで、
 あろっとおぶコーヒーの濃厚なる芳香に包まれながら、
 髪。
 ずいぶん、のびたわ。
 って撫でながら深呼吸するの。

 ぽーん。


 なんとなくメランコリ、あ、りる。
 コーヒーをこぼした人がカウベルを鳴らして出て行ったから、
 そろそろかしらねタイミング。
 席を立つ前にタブレットをロックして、それから制服に着替えることにします。

 繰り返される神無月のループの中で、
 たぶん彼は楽しく狩っていることでしょう。
 あの広い草原で、
 いわし雲が吸い込まれていく苔むすクレパスで、
 まさか自分が狩られるなんて夢にも思わず、狩っていることでしょう。
 

カテゴリ:まうりる・ろっと | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

ふたたび逢うまでの遠い約束に

2012.10.28 Sun
 あの約束が果たされたのかどうかは、地層を探しても見つかりませんのよ。
 ふと思い出したように魔導書に手をのばしてもね無理なものは無理。
 だから絶望なさい、体の芯から細胞の核ごと、本気モードで絶望なさいませ。
 だって本物の絶望でなければ、希望の崖は見えないものよ。
 まさかそれが希望だなんて思いもしないで、
 道はどこ?って嘆いているだけなんだもの。
 本物の絶望を宿した愚か者は、道を欲しがるより先に、よじ登り始めるわ、崖を。

 ふたたびめぐり遭うまでの遠い約束に必要なのは、未来。
 だからもし、あなたが今も心を痛めて苦しんでいるのだとしたら、
 それは過去の話ではなく未来に起こってしまったことの、ほんの途中経過かもしれないわ。
 もう未来は起こってしまっているの、あなたが望んだとおりに。
 
 理論どおり地の底を目指して掘り進めるならば、
 間違いなく空に辿りつけるのでしょうけど、
 そんなの無理よ無理なものは無理って、
 またしても魔導書に手をのばすのかしら?

 いま気づくべきなのは、
 本当に空に辿りつきたいのか、
 あるいは、
 温泉を掘り当てたいだけなのか。
 自問自答を終えておかない限り、
 あなたは誰の言葉も理解することができないでしょう。
 
 
 そんなわけですから、
 あの約束が果たされたのかどうかは、地層を探しても見つかりませんのよ。

 






 ぎいぃ。

 さ。

 どうぞ、奥へ。お進みになって。

 
 
 


カテゴリ:まうりる・ろっと | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

しごとおわり、みせんなか、確認。

2012.11.02 Fri
 「今度、参加してみない?」
 
 まあ時間の都合がつくのなら、という軽い気持ちで了承していたのですが、
 どうも想像していたのとは違う集いだったようなのですよ。
 
 「一応確認。どういうメンツなのかしら」と私は質問してみます。
 「例の、あれ。洋館とか出掛けていって、写真とか撮ってきて、っていう。
  まあ、サークル仲間みたいな感じかな。気楽な感じだよね、サークルみたいなもんだし」
 「サークルじゃないの?」
 「なんていうかさあ、あんまり組織としては、しっかりしてないっていうか」
 「でも代表者とかいるんでしょ」
 「うん。理事長って呼ばれてる」
 「理事長」その言葉を私は唱えてみた。
 「うん」彼女は続けて言うのです「活動資金を提供しているお嬢様、って感じかな」
 「女性、なのね」
 「一応」
 「一応?」
 「うん。理事長は王子さまだからね」
 「そういえば聞いてなかったけど、王子は何人くらいいるの」
 「王子は、まあ、結構いるよ。でも王子さまは、ひとりだけ」
 「理事長」
 「うん」
 「ところで、この前の話だと」
 「うん?」
 「たしかオフ会だって、言ってなかったかしら」
 「そうだよオフ会だよ」
 「オフ会って、そもそもよくわからないのだけど」
 「えっ、そこから説明しなきゃなんないの」
 「すみませんわね」
 「いや、いいんだけど、いいんですよ?」
 「一応、言っておきますけど」私は言う「オフ会が何なのかは知ってますよ」
 「うん?」
 「私が言いたいのはね」
 「なんですかねえ?」
 「インターネットやってない私が、オフ会に参加しても良いのかと」
 「あああ」
 「インターネットで知り合った人が、こっちの現実でも会いましょうって。いうのがオ」
 「腐会だねえ」
 私はインターネットをしていないどころか、自分のパソコンというものを所有していません。
 「いやあ、まあ、細かい事は気にしなくても。ねえ?」
 「私に聞かないで。聞いてるのは、こっちなんだし」
 「じゃあさ。こうしようよ。当日の昼間、会うの。何人かと。で紹介しとくから」
 「それはいいけど」
 「じゃ決まりね。参加人数に入れちゃっとくよ」
 「よろしくおねが」私は少しだけ微妙な感じになりつつも「いします」と言ったのでした。

 

カテゴリ:まうりる・ろっと | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

分かっちゃうものなんですよねえ意外と、と彼女は言った。

2012.11.03 Sat
 「やっぱりそうだったんですね」
  
 「やっぱり?」と私は聞き返す。

 「ええ」と彼女は言う、「そうなんじゃないかなあって。感じました」

 「分かるものなんですか」

 「ええ」と彼女は言う、「分かっちゃうものなんですよねえ意外と」


 
    #

 時間をかけて、わかりあっていくというのも方法の一つ。
 でも、最初から、それこそ、ほぼ一瞬に、あれやこれやを見抜いてしまう事もあるわけです。
 見抜かれてしまったときに、それを心地よく思えるか、あるいは生理的に嫌悪と感じてしまうか。
 
 
 「でも重要なのは、ここからです」

 彼女の言葉を私は待ったのですよ。その続き、これから語りだすという何かを。

 「たぶん」私は会話を試みる、「外れると思うわよ?」

 「ええ」と彼女は言う、「それならそれでいいんですよ。だって」
 
 だって?

 「当てる事に意味なんてないもの」

 私はコーヒーを見下ろします。

 それから彼女の、そう、彼女の瞳ではなく、眉間のあたりを、見るのです。

 「外れたら外れたで、正解を教えてくださればっ、て、何かついてます?」
 
 「うん」私は答える「もうひとつ、目が」そこにある気がするのですよ。

 「おもしろいこと言うのねえ」

 それから彼女は私の名前を初めて呼び捨てにしてから、

 「じゃあね。もう当てちゃいますからね。いいですか」

 と、ひとつの結論を声に出すのですよ。











 


 

カテゴリ:まうりる・ろっと | コメント(0) | トラックバック(1) | top↑ |

水たまりに映る前

2012.11.08 Thu
 まあ誰が誰なのか、といったことは、自然と理解できるでしょうから気にしてませんでした。
 「とりあえずさあ、来てみてちょうだいよぉ」と彼女が言うので、
 「着て見る?」と聞き返して見ました。
 なんとなく間が空きましたが、
 「それだよそれ!」と彼女は機嫌良さそうに言うのです、
 「要するにさあ、同じ趣味の仲間同士ってことになれば、すぐに打ち解けるんだしぃ」と。

 「わかったわ、じゃあ次回の集まりとやらに、お邪魔させてもらうわね」
 「さっそく連絡しとくからさあ、楽しみにしとていてって。いやまじで!」
 




 いまならコスプレサークルと言えば、理解が早いのでしょうけれども。
 ううん、当時もコスプレという言葉は、すっかり浸透していたはずよね。

 おそらく私の中に、期待と不安が渦巻いていたのです。

 個人的な趣味としての衣装作りです。
 まあ着て写真撮ってもらったりすることも、あるには、ありました。
 とてもとても限られた人間関係のなかでの、ささやかな戯れです。

 同好の人との出会いとなると、なんと言ったら良いのやらという感じです。
 「サークルやってるんだよ」と彼女が初めて話し始めた時、
 私は「ふうん」と答えただけでした。
 興味が無いというよりも、別世界だったのですよ。
 彼女とは年齢は近かったのですが、まあ、こちらは学生ではありません。
 学校という環境からは、すっかり遠ざかってしまっているのですよ。
 同級生が高校生だからといって、別世界には違いないのです。
 私が制服を着た時点で、それはもう、まぎれもなくニセモノであり、なんちゃってなのですから。
 
 



 あの頃の私は、仕事が終わると、その日の気分に合わせて服を選んでいました。
 いろいろな制服を着こなしていたわけですが、まあ、なんちゃってです。
 もしも『学校どこ?』なんて聞かれてしまったら、答えようがありませんし。
 別人になりたいわけでもなく、誰かに憧れてるというわけでもなく、
 どこかこう、もっと自分らしいスタイル、というのを模索していたというか。
 

 「ぶっちゃけコスプレやってる子のなかには、服作ったことない子いるんだよね。
  だから衣装作れちゃうって時点で欲しいわけなの、うちに。
  しかもそのなりでしょ、自分で着ちゃってるていう。
  いや。
  普段着にしちゃってるって時点で、ツワモノよ。即戦力だわ」

 「ごめん・・・言ってること、よく分かんないよ」

 「来れば分かるって!」

 彼女の自信に満ちた声とオーラが、なんだか眩しくてしかたなかったのですよ。
 
 

カテゴリ:まうりる・ろっと | コメント(0) | トラックバック(1) | top↑ |

ぽつり、ぽつりと。

2013.01.12 Sat
「まうりる・ろっと」はフィクションです。実在する団体や人物をモデルにしていますが、あくまでも当事者たちの了解のもとで個人的な想像力の名の下に綴っている物語に過ぎません。正確には、物語の断片なのですが。散らばってしまったビーズを拾い集めているようなものなので、脈略時系列は一切関係ありません。エスティバー学園に入学する前の頃の物語です。



 仕事の合間など、空き時間を利用して、ノートに文字を綴っています。

 自由にパソコンを使えないし、自分専用のパソコンでもないし、

 それならノートでいいやっていうのが本音。


 最近はノートへの走り書きが楽しいです。


 

カテゴリ:まうりる・ろっと | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

めぐりめくる双子葉

2013.04.01 Mon


 いつもと同じように感じますか。

 なにかが違って感じられますか。


 
 今日から新しい制服です。


 緊張感で息苦しくなるくらいが、

 あんがい、ちょうどいいんです。

 大丈夫よ。呼吸すぐに整えますから。



 開店直前の空気。

 今日だけの空気。

 あとにも先にも、

 本当に一回限りの、

 空気。



 そうですねえ、

 まずは淹れたてのコーヒーなど、いかがです?


 豆は、カフェ日々草の。

 水は、あの温泉から。


 

 門扉に飾るプランターは、この冬を乗り越えた日々草です。

 

 またのお越しを、お待ちしております。
 
 
 

カテゴリ:まうりる・ろっと | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

水無月になり

2013.06.02 Sun
 六月ですね。

 暇な時にでも、
 
 って思っていると、

 時間が素通りしちゃってく感じです。


 暇とか余裕とか関係なく時間作れば良いのでしょうけど、

 また思いついたときにでも。

 

カテゴリ:まうりる・ろっと | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。