スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

序章への扉

 最初の入り口は、どこだったのかなあ。 記憶って、あいまいだから。 よく、わかんなあい。 それでも現在ここにいるってことわ、 まぎれもなく入り口を見つけて入って、進んできたってことだし。 どこだったのか。いつだったのか。  『もうすぐ、良くなるから』 って言葉を頼りに暗闇の中を進む時は、 別に根拠なんかいらないし、 信頼とか信用とか関係ない。 これしかない。それだけの話。 暗闇の中で、頼りにしたあ...

続きを読む

ふたたび逢うまでの遠い約束に

 あの約束が果たされたのかどうかは、地層を探しても見つかりませんのよ。 ふと思い出したように魔導書に手をのばしてもね無理なものは無理。 だから絶望なさい、体の芯から細胞の核ごと、本気モードで絶望なさいませ。 だって本物の絶望でなければ、希望の崖は見えないものよ。 まさかそれが希望だなんて思いもしないで、 道はどこ?って嘆いているだけなんだもの。 本物の絶望を宿した愚か者は、道を欲しがるより先に、よ...

続きを読む

しごとおわり、みせんなか、確認。

 「今度、参加してみない?」  まあ時間の都合がつくのなら、という軽い気持ちで了承していたのですが、 どうも想像していたのとは違う集いだったようなのですよ。  「一応確認。どういうメンツなのかしら」と私は質問してみます。 「例の、あれ。洋館とか出掛けていって、写真とか撮ってきて、っていう。  まあ、サークル仲間みたいな感じかな。気楽な感じだよね、サークルみたいなもんだし」 「サークルじゃないの?」...

続きを読む

分かっちゃうものなんですよねえ意外と、と彼女は言った。

 「やっぱりそうだったんですね」   「やっぱり?」と私は聞き返す。 「ええ」と彼女は言う、「そうなんじゃないかなあって。感じました」 「分かるものなんですか」 「ええ」と彼女は言う、「分かっちゃうものなんですよねえ意外と」     # 時間をかけて、わかりあっていくというのも方法の一つ。 でも、最初から、それこそ、ほぼ一瞬に、あれやこれやを見抜いてしまう事もあるわけです。 見抜かれてしまったとき...

続きを読む

水たまりに映る前

 まあ誰が誰なのか、といったことは、自然と理解できるでしょうから気にしてませんでした。 「とりあえずさあ、来てみてちょうだいよぉ」と彼女が言うので、 「着て見る?」と聞き返して見ました。 なんとなく間が空きましたが、 「それだよそれ!」と彼女は機嫌良さそうに言うのです、 「要するにさあ、同じ趣味の仲間同士ってことになれば、すぐに打ち解けるんだしぃ」と。 「わかったわ、じゃあ次回の集まりとやらに、お...

続きを読む

ぽつり、ぽつりと。

「まうりる・ろっと」はフィクションです。実在する団体や人物をモデルにしていますが、あくまでも当事者たちの了解のもとで個人的な想像力の名の下に綴っている物語に過ぎません。正確には、物語の断片なのですが。散らばってしまったビーズを拾い集めているようなものなので、脈略時系列は一切関係ありません。エスティバー学園に入学する前の頃の物語です。 仕事の合間など、空き時間を利用して、ノートに文字を綴っています。...

続きを読む

めぐりめくる双子葉

 いつもと同じように感じますか。 なにかが違って感じられますか。  今日から新しい制服です。 緊張感で息苦しくなるくらいが、 あんがい、ちょうどいいんです。 大丈夫よ。呼吸すぐに整えますから。 開店直前の空気。 今日だけの空気。 あとにも先にも、 本当に一回限りの、 空気。 そうですねえ、 まずは淹れたてのコーヒーなど、いかがです? 豆は、カフェ日々草の。 水は、あの温泉から。  門扉に飾るプラン...

続きを読む

水無月になり

 六月ですね。 暇な時にでも、  って思っていると、 時間が素通りしちゃってく感じです。 暇とか余裕とか関係なく時間作れば良いのでしょうけど、 また思いついたときにでも。 ...

続きを読む

プロフィール

涼宮麻菜

Author:涼宮麻菜
My name is ASANA.

OnLineGame"Yogurting"
ESTIVER,,,,
STARDUST☆MEMORY,

ASANA
エスティバー学園出身
同好会すたーだすと☆めもりー

あさな in よーぐる

Twitter...

asanasuzumiya < > Reload

月別アーカイブ

カテゴリ

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。