スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

ねこみみくらぶをさがしてヽ('▽'*)「前編☆序章」

2007.06.22 Fri


  いつか書こうと思っていて、
  でも思い続けているだけの物語、
  『ねこみみくらぶをさがして』
  
  ようやく、
  書くきっかけのようなタイミングが来ました。
  でも、今日のところは、まだ序章です。

  みるくをはじめ、ねこるっち、ろんろん、現在の「すたーだすと☆めもりー」のみんなと出会う直前の物語。
  そう、
  私が2年生に進級してまもなくのこと。
  なんだかゲームに行き詰まり、
  ひととの雰囲気にも違和感を覚えたりしつつも、
  どこかに「あるはず」と勝手に思い込んでる楽園、
  そんな楽園を求めつつも、
  探し方すらわからないで。
  
  もがいていました。
  憂鬱というよりは退屈、
  言い換えるなら憤慨。
  そんな季節。
  
  ねこるっちと、ろんろんと「エピもせずに、おしゃべり」という出会いを果たしたのが去年の6月最初の週末。
  草ちゃんと出会い、美刀さんと同じ同好会のあふぃさんと出会い、
  運命の「たまたま遊んだエピ」の夜、
  みるくと出会ったときに、星と星がつながり星座が生まれたような衝撃を覚え、その流れで、みんなで踏み込んだ世界樹エリア。
  
  いま思い出しても、
  当時の感動は興奮します。
  
  でも、すべては紙一重だったのも、また事実。
  もし、あのとき。
  もし、あそこで。

  「ありのままの自分」になるために、
  「よそおっていた自分」を捨てたの。
  登校しても得られないでいる『ゲームの楽しさ』を、
  ゲームの外の『はりめぐらされたブログの宇宙』で探していたの。
  もう、ひっし。
  根拠はないけど、
  『いまここで諦めて登校しなくなったら、オンラインの世界に自分の居場所なんてつくれないかも』
  って思いこんでいました。
  


  仮想?
  いいえ、ここも、もうひとつの現実のはず。
  
  だって、そこにいるのは、「人」なんですもの。

  国際展示場駅前で待ち合わせて友だちと会うように、
  世界樹山小屋前で待ち合わせて友だちと会えたなら。
  
  なにもかもが手探りで、
  今日出会った人と、また会える保証なんてない世界。
  ここに、私の居場所できるかしら?
  私にも、友だちって出来るかしら?

  そんな疑問すらも捨てる決心をして、
  ただもう、
  そこに行く、
  ひとと会う、
  交わせるのなら言葉を交わす、
  そう決めて。

  ゲームに行き詰ることは、絶望に似ていますが、
  私は希望を持つことができました。
  それが、ねこみみくらぶ。
  まだ実際に出会ったことがないけれど、
  ヨーグルのどこかにあるらしい、その輪。
  夕べは、見つからなかった。
  今夜も、同じく。
  でも明日は出会えるかも。


  あのまま終わりにしなかったからこそ、
  今の自分があるのでしょうね。


  結局、
  「その頃」に、ねこみみくらぶは見つけられませんでした。
  けれど、
  「その頃」に、私は、やがて仲間と呼べるひとたちと出会い続け、
  世界樹の存在も知ることができました。


  いつも、抱えていたのは教科書ではなく、その日誌。
  まだ分厚くなる前の、「のえのえんダイアリー」


  
         ☆
    
  
  記憶が錯綜してしまうのか、
  気持ちが複雑に入り乱れてしまうのか、
  書こうとすると、
  とたんに言葉が。
  とまります(*゜▽゜)ノ
  とだえます(*゜▽゜)ノ
  思いは湧くのに、言葉にできないの。


    
          ☆


                 ☆~


   記憶は薄れているほうが、あいまいで美しかったりします。
   記録を読んだからといって、気持ちを再現できるとは限りません。

   もう少し、もう少し何かを忘れてからのほうが、
   うまく言えるようになるのかもしれません。



  話を現在に戻します(*゜▽゜)ノシ
  
    

  2007.6.19.


  宵の世界樹からエスに戻ると、
  ひとけのないゴールのそばに、セニョリさんがいました。

 
  「昨日ねー」
  「うん?」
  「のえのえのブログをアタマから読んでみた」 
  Σ(゜▽゜;)!
  「読んだことあるー?」
  って訊かれたので、
  「ありますよヽ('▽'*)ノ」i answered,
  「去年の6月に、初めて見ましたヽ('▽'*)ノ」

  「ふむふむ」にょんにょんsaid,
  「その頃なら、まだ枚数もそこそこだねーw」
  「うんうんヽ('▽'*)」i said,
  「その頃でさえ、かなり多い気がしたから、
   いま戻るとヽ('▽'*)ノたいへんですー」
  「><」にょんにょんsaid,
  「私、50日目でダウンしちゃった」
  「でも、ほどよく忘れてて新鮮かも?ヽ('▽'*)ノ」

  そんな話をしてたので、ふいに戻る一年前の記憶。
  しかし、記憶は薄れています。
  けれど、あいまいだからこその美しさ。
  のえるさんのブログと出会ってなければ、
  完全にゲームそのものに行き詰ったままだったかもです。
  そんな去年の、6月はじめの頃の記憶。

  

   ちなみに私、
  「にょりさんのはヽ('▽'*)ノ全部みましたよ♪」
  「ありがとー><w」にょんにょんsaid,
  「また1枚描くからよんでちょーw」
  どうやら、もうネタはできあがってるみたいでしたので楽しみです(*゜▽゜)ノ

  するとウワサをすればなんとやら、のえるさんの登場です。
  どうやら召喚往復などをしてるようで、
  みなさんワープを繰り返していました。
  春ちゃんも来たので、おしゃべりタイム(*゜▽゜)ノ
  


  ふらりと登校して、とりとめもなく、おしゃべり。
  そんな夜に、耳に残った言葉は、

  『あさなちゃんも出てくるよ』 byにょんにょん
         in  にょんにょん☆せにょりーた「私はどこ?('ー'*) そこにいるよ?ヽ('▽'*)」




            

カテゴリ:「すたーだすと☆めもりー」魔導書 | コメント(0) | トラックバック(-) | top↑ |

なるるです(*゜▽゜)ノ~~

2007.08.08 Wed
 謎は解けました(*゜▽゜)ノ 

ご協力いただいたかたがたに心より感謝申しあげます(*゜▽゜)ノシ





 なので、

 リニューアル決定(*゜▽゜)ノ

   昨年9月より書いていました文学系ブログ、

   『すたーだすと☆めもりーヽ('▽'*)ノのメモリー』  
 
   リニューアルして9月1日にオープンします(*゜▽゜)ノ♪

   
   単に、『あさなinよーぐる』の同好会カテゴリ記事だけを集めたものなんですけどね。
   もちろん非公開記事も少し、あります。
   ヨーグルSSじゃなくて、オリジナルの絵をつけたかったの。
   自分では描けないから誰かに描いてもらいたくて。
   で、楽天家の私は、
   絵描きさんと出会えるんじゃないかしら、
   で、友だちになって、
   同好会の仲間にもなるんじゃないかしら、
   って、
   予想してました in 2006 summer.

   ところが実際は、
   むしろ作家さんタイプのかたと知り合うことが多く、
   でも、それって、
   ある意味すごい運命だったのかもって思えてきて。
   これは私にとって、
   ひとりよがりの言葉の森から抜け出して、
   読む人に伝わる文章を書けるようになるチャンスかもって。
   そんなふうに、ふと感じたのです。

   迷宮のような深い森で紡いだ絵本を持って、
   町に行きたい、町で「だれか」に話したい。
   

   学校(小中)の作文が苦手で嫌いで、
   でも読書(っていうか、本そのもの)が好きで、
   いつか私も自分で書きたいなぁって夢見る乙女ふうだったのが、
   あばうと一年前にブログを始めて、
   気づいたら自分でも、ちょーしづいて書き綴っていたりしてて。


   まわりに「物書き」さんが集まったことが必然なら、
   もぅしばらく絵はおいておいて、
   言葉の世界に、さらに踏み入ってみましょうヽ('▽'*)ノ

   





   リニューアルオープンの、『すためもメモリー』からは、絵(SS)をとりはずします。


   もし、
   私たちの物語が、
   私たちの宇宙にとどまらず、
   『未来から過去へ流れる時間軸』に乗るようなことがあれば、

   きっと、さらなる出会いが『もうすでに起きている』のでしょうから in future. 

   そのとき、きっと素敵な絵が飾られるでしょうから。


   夢は醒めるもの。
   期待は裏切られ、予想が外れる、
   だからこそ痛い世界、
   それゆえに甘美な世界。

   この曖昧な夢が消えるものだとしても、
   私は見れるうちに見ておきたいと願います。
   そう、
   これは私が出会えた「物語」。
   私にも、ついに巡ってきた、綴るべく世界。
   

   とっちらかった、らくがきです。
   これは砂糖を焦がして作ったお菓子。
   味わうためには、砕いてくださいませ。

   私の毒が、あなたの毒とまざるとき、
   毒性無効の魔術が起きますように。
   
   
   今一度、すべてをひとりで読み返してみます(*゜▽゜)ノ☆

 

        かみんぐ☆すーん(*゜▽゜)ノシ   
   
   

カテゴリ:「すたーだすと☆めもりー」魔導書 | コメント(4) | トラックバック(-) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。